更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 01123456789101112131415161718192021222324252627282015 03

【  2015年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

+14+ 復讐の手段

転生王女と赤い薔薇

2015.02.01 (Sun)

 国王エドガーは、その報告を聞いてのけぞった。 大きな欠伸を何度も噛み殺した朝の謁見から、半時と経っていない。 またしても、妹が行方不明だという。いつもなら残してある、暗号めいたメッセージもなく。そして、その事実とほぼ同時に、尖塔の衛兵と裏門の番人が気絶させられていたと聞かされて、彼は目を見開いたまま気を失いそうになった。 魔法戦士隊の副長で近衛兵第二師団長であるケイプは、エドガーに召喚されてすぐ...

PageTop▲

+15+ 監禁生活の幕開け

転生王女と赤い薔薇

2015.02.02 (Mon)

 私は、物音と振動で目を覚ました。 食器のこすれあう音や落として割ったような音、男達の驚いた声や笑い声が壁のずっと遠くの方で聞こえる。 しかし、ここは窓もなく、闇一色に包まれている。「見えない天井だ」 はっ。いけない。ふざけている場合ではない。ここは……そう、船の中の牢屋。私としたことが、こんな不潔な場所で眠り込んでしまったのね。姫君の居室に牢屋をあてがうなんて、 ――卑劣な男。 私は復讐を決意しなが...

PageTop▲

+16+ 麗しい美少年

転生王女と赤い薔薇

2015.02.02 (Mon)

 私の居室(きょしつ)に――牢屋とは言わせないわ――、近づいてくる足音がする。二人。きっと、ランウェルとシャインね。だって、そういうシナリオだもの。 とはいえ、台本通りには進まないけど。なぜって考えたら、私の身の振り方がおかしいからかもしれない。何でも知っている神様みたいな存在が、未来のことを知りながら駒を進めていたら、上手くいくことも下手をするかもしれない。ここは大人しくしておいた方がいい。それとも、...

PageTop▲

+17+ 悪魔のような男

転生王女と赤い薔薇

2015.02.03 (Tue)

 それから何日か立ちましてよ。ええ、しばしお待ちを。 私は牢屋の奥の柱に刻み付けた跡をなぞって数えた。早幾年(はやいくとせ)?……あら、まだ五日!しかしながら、私は多分に音を上げていてよ。 どうやって柱に刻んだかというと、ドブネズミが齧(かじ)っていたガラスブイがあったでしょう。あれを正拳突きして割ったんだ。爾来(じらい)、ネズミは恐れをなしたのかやってこなくなったわ。私が本気を出せばこんなものよ。そのガ...

PageTop▲

+18+ 餌付けされた王女

転生王女と赤い薔薇

2015.02.04 (Wed)

 船は岩礁に乗り上げそうになっている。ブレイブタウンの南西にある川を上ってセピア湖まで来られたのが不思議なくらいだ。セピア湖は、その名の通り時を経て色褪せた写真のように、精彩を欠いた色をしている。この湖に生息するイカの吐き出す墨のせいだと、ブレイブタウンの調査団は結論付けた。 甲板の舳(へさき)には、レッドローズ船長とランウェルが並び立って、水面を見つめている。「ふむ。そうか。牢獄でも住めば都と言う...

PageTop▲

+19+ 下船に伴い

転生王女と赤い薔薇

2015.02.06 (Fri)

 私は、約一か月ぶりにお日様の光を浴びた。 甲板に出る前に、廊下の鏡を見たのだけど、顔は青白いし、目の下には太いクマが出来ていて、幽閉中のマリー・アントワネットかしら、と思ったわけだ。そんな顔だから、人前に出るのが恥ずかしかったのだけれど、でもようやく外に出られるという喜びが打ち勝った。太極拳とインナーマッスルの鍛錬のおかげで、私の体はそれなりに健康だったし、何より傍にサイザールがついてくれていた...

PageTop▲

+20+ さよなら長い友達

転生王女と赤い薔薇

2015.02.07 (Sat)

「ランウェル、船にもう荷は残っていないか?」 レッドローズは周りを見回して、彼に訊ねた。「はい、確認しました」「クルーも全員いるか?シャイン」 副長のクインズは付け加えた。彼とはまだ話したこともない。「はい」「では、サイザール。船を隠しに行ってくれ」 レッドローズが指示をすると、サイザールは船に戻っていった。 一人でどうやって船を動かすの?と思ったら、巫術(ふじゅつ)を使うのだと、シャインがこっそり...

PageTop▲

+21+ 白ゆりの雌しべ

転生王女と赤い薔薇

2015.02.08 (Sun)

 ここ、どこ? 暗闇……。 四角い面から寒い光。ああ、ノートパソコンだ。 キーボードを叩いているのは、前世の私? へらへら笑いながら、私は何で悲しい小説を書いているの?*「あんたさー、片足墓穴に突っ込んでるよ?」*「何度も何度も言わせないでよ。あんた」*「あんたの泣き顔なんか見たくない。視界から消えてくれる?」「あんた、あんた、言わないでよ。私だって名前があるんだから!」 ガバッと私の体は跳ね起きた...

PageTop▲

+22+ 兄をいたぶる幼女

転生王女と赤い薔薇

2015.02.09 (Mon)

 私が看病されていた部屋は白くてとても無機質な部屋だったのだけど、訊ねてみたらレッドローズの家だった。案の定、彼はここにはいないのだけれどね。 シンシャさんが献身的な介護をしてくれたほかは、彼女の兄サイザールがたまにお菓子を土産に顔を出したり、スクイナフが悪態(あくたい)をつきにやって来たりした。だいぶ気分は良くなったが、暗闇で多くの時間を過ごしたせいか、長く日の下にいると目が疲れてくるという後遺症...

PageTop▲

+23+ 赤薔薇の本名

転生王女と赤い薔薇

2015.02.10 (Tue)

 ところでシンシャに聞いた話だと、クインズ副長は、屈強なローガンや“ショタ”シャイン、赤ひげゾーンらを連れて、再び海に出てしまったらしい。史上最悪級ろくでなしのレッドローズ船長と猪口才(ちょこざい)なランウェルはベイスンに残っているようだが、彼らもまた姿を見せない。 前にも書いたように私が置かれた場所は、レッドローズの家だった。彼が自分の家を使うようにと指示したらしい。どうやら家の前に警護(番人)を二人...

PageTop▲

前月     2015年02月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。