スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←+32+ 胸の谷間の代わりに →+34+ 奇妙な三者面談
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 活動報告
  • 【+32+ 胸の谷間の代わりに】へ
  • 【+34+ 奇妙な三者面談】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

転生王女と赤い薔薇

+33+ 予想外な夜這い人

 ←+32+ 胸の谷間の代わりに →+34+ 奇妙な三者面談
 ジュナイが戻ってくると、私はソファーに横になり、足を伸ばしていましてよ。とてもだらしがないのだけれど、散歩から帰ってきて長いこと拘束されていますし、そうも言ってられないくらい疲れているんですもの。
「私も寝たいんだけど、明日じゃダメ?」お腹もすいているけど、まあ食事は我慢するとして。
「うーん。駄目ですね。僕のモチベーションが下がらないうちに済ませましょう」
「はあ」
 ここで選手交代。また、小説とは勝手が違うのだけれど、ここからはジュナイの説明になるようね。余談だけれど、前世の小説では、姫が素早くお水を飲ませてあげて、船長が限界に挑戦しながら続きを話すのだけれど。お茶を沸かすまで待たせたらこの様よ。その点は、船長ラブなおポンチ姫を評価するわ。

「さあ、お待たせしました。続きを話しましょうか」
 仕切りなおしに、ジュナイは少し微笑んだ。いつもの道化師も今宵ばかりは鳴りを潜めている様子だ。
「我々の先祖、我が祖とその娘が流されたという地獄之髑髏島(じごくのどくろとう)――またの名をヘルスカルアイランドといいます――は、世界の最果(さいは)てに位置していました。三大陸から気の遠くなるほどの距離があるだけでなく、島を取り巻く潮流(ちょうりゅう)も激しい上、暗礁(あんしょう)なども無数に存在し、当時の船ではたどり着くことが非常に困難でした。ましてやそこから脱出しようなどとは到底不可能でした。断崖絶壁(だんがいぜっぺき)に一箇所、島の内部に続く洞窟があり、そこから島に至った父娘(おやこ)は、惨憺(さんたん)たる有様に目を覆ったのです」
「ヘルスカルアイランド……その名の通り、ここに漂着した者達の骸(むくろ)が至るとこに斃(たお)れておりました。おおかた、船団からはぐれた一隻の船がこの島にたまたま漂着(ひょうちゃく)したのでしょう。瀕死の者は岩浜で間もなく息絶え、運よく生き残った者達も島の食糧を漁り続けてそれが無くなってしまうと共食いを始めた、と推察される骨の記憶が四方に散らばっていました。多くの屍(かばね)に歯型と石器で削り取られたような跡が残っていたからです。ただ、我が祖達が着いた頃には、その島に生きている者はおりませんでした。おそらく、数百年の間に点々と、そして偶然にその地に流された者の最期の姿を見たのでしょう。」
「漂着者達が飢えと共食いで死に絶えてから、すでに百年は経っていたようです。ヘルスカルアイランドには、父娘二人が生活するには十分な食べ物がございました。それらは決して美味(びみ)ではありませんでしたが、彼らは飢えをしのぐためそれなりの工夫をして食べ続けました。孤島には、短い芝の草原、立ち腐れた木々の隙間から生えている細い若木が、やっと小さな芽をつけているほどだったといいます」
「我が祖と彼の娘は、長らくそこで食べ物をとりながら暮らしていましたが、恐ろしいことが近づいてくるのをふつふつと感じておりました。ある時、我が祖は娘に島中を見てくるように言い、他に人間がいないかどうか、探してくるよう命じます。娘が戻ってきて首を振ると、再び同じ事を命じました。誰もいないと娘が言うと、父親はもう一度探してくるように言いました」
「……」
「さて、この時、我が祖は何と言ったでしょうか?」
「……え?」
「……」ジュナイは懐中時計の秒針をよんでいる。
「何?クイズ形式?」
「はい!タイムオーバー。時間切れです」
「何なのよ。それ!」私は思い切りテーブルを叩きましてよ。勢い余って手のひらが痛いわ。
「正解は私が言うのもなんですので、そこに隠れているアナタに答えてもらおうじゃないの!」と、ジュナイが右手で指し示す先のサンルームを見やると、何だか怪しい影が浮かび上がっていた。私はびっくりしてソファーから跳び上がりそうになりましたわ。
 ガラス戸を開けて室内に入ってきたのは、サイザール。この度の夜這(よば)い専門は、レッドローズではなくサイザールと相成(あいな)ったか。と思えば、続いてスクイナフも入ってきたではないか。しかもこちらのバカは、着地に失敗したと見えて、肩を痛そうに押さえている。ざまあ。
 なになになに。急に二人も増えて、三対一の四者面談になりましたが。こんな展開になるとは思いもしなかったわ。まさしく、予想GUYね(古)。
「ミス・オリビア。立ち聞きして申し訳ない。レッドローズやジュナイ殿がきちんと君に説明できているか、不安でしょうがなくてね。私がいれば、百人力さ」
 いや、痩身(そうしん)の胸を叩いて百人力だと言われましてもねえ。意外に自信過剰なんだよね、サイザールって。特に女性の前だと。
 一方のスクイナフは、ソファーにどかりと腰かけて、仏頂面(ぶっちょうづら)をしている。
「俺は……お前らがこのバカ女に余計なことを言わないよう、監視するために来た」
 はいはい。あんたはそういう役回りね。承知した。しっかり監視しろよ。まあ、これから話されることは大体予測がついているし、裏の設定だってわかっているつもりだけどね。
「さて。で、サイザール君。先ほどの答えをどうぞ」ジュナイはいつの間にかお玉を振り回している。
「ふむ。スクイナフに答えさせようじゃないか」彼がほくそ笑むのを私は見て取ったわ。
「解答権が移りました。さあ、どうぞ」スクイナフにお玉が向けられる。
「バッバカ!なんで俺なんだよ!!!」急に取り乱し、サイザールに楯突くスクイナフ。てか、質問聞いていたのか、奴は。
「それが、サイザール君に言うことですか?君より一つ年上なのに」慌てる男の顔を覗き込むひょうきんなジュナイ。
「……俺はただの監視役だ!」
突きつけられたお玉をぐいと戻そうとするスクイナフに、
「クイズマスターは私です。スクイナフ君」決してひかないピエロ。
「ク……クイズって。クイズにする内容じゃないだろ!」
「はて、どんな内容だったかな?」サイザールも腕を組み鷹揚(おうよう)に笑っている。
「二人して俺をはめようとしくさって!許さねえぞ!」
 話が進まねえな。三人いれば文殊の知恵とは言うが、こいつらバカはふざけすぎて埒が明かない。コホンと咳をすると、サイザールがようやく気が付いてくれたらしい。
「お前が答えないから、彼女がお怒りだ」
「なんだと?バカ女に怒る資格など」スクイナフの発言を遮って、私は言った。
「怒ってないわ、サイザール。でも、クイズの問題を忘れてしまったわ」
「続きは、あなたにお願いしてもよろしいかしら。ミスター・サイザール?」
 私は、ジュナイからお玉を奪い、それを王の錫杖(しゃくじょう)のようにサイザールに手渡した。
「プリンセスの願いとあらば!御意(ぎょい)!」お玉を受け取った彼は私の手を取って口づけした。
 ジュナイは急にしおらしくなり指をくわえてしょんぼりし、スクイナフは忌々しそうに舌打ちをしたけど、そんなのムシムシ。
 まったく、果てしなく長い物語になりそうだわ、と私はこの団欒(だんらん)の外の闇を眺めていた。
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 活動報告
  • 【+32+ 胸の谷間の代わりに】へ
  • 【+34+ 奇妙な三者面談】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【+32+ 胸の谷間の代わりに】へ
  • 【+34+ 奇妙な三者面談】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。